乾燥肌が原因のにきび

通常、にきびは皮脂の過剰分泌でそこに細菌が繁殖し、湿疹ができた状態を想像します。実際それは間違いのないことですが、大人のニキビの場合、乾燥肌が原因の場合が多いようです。

乾燥肌は皮脂の分泌量と水分量のバランスが取れていません。肌の乾燥によって角質層の水分が不足すると、肌が再生するサイクルが遅くなってきます。これによって肌の角質は厚くなってしまうのです。

角質が厚くなると毛穴が小さく細くなります。そしてこの細くなった毛穴に古い角質などの老廃物が溜まり、そこにアクネ菌などの細菌がついてにきびとなってしまうわけです。

油性肌と乾燥肌で共通したにきびの原因は毛穴のつまりです。ということは、乾燥肌が原因のにきびはスキンケアによって乾燥を防げばにきびを防いだり改善することができます。

スキンケアの基本は洗顔ですが、乾燥肌の方の洗顔剤は刺激の少ない無添加のものを使いましょう。そして、あまり念入りには洗顔をしないことです。必要な皮脂まで取りすぎてしまい、かえって乾燥状態となり、毛穴に細菌や汚れが入りやすくなります。洗顔後はすぐに保湿クリームなどで保湿しましょう。

乾燥肌の場合、これだけでもにきび予防や改善につながります。
posted by kanchan at 01:23 | 原因と対策

セラミド不足に生芋こんにゃく

乾燥肌やアトピーの人に必要な成分に「セラミド」があります。セラミドとは、皮膚の細胞と細胞の間にある脂質の主成分の事で、細菌やウイルス、化学物質など様々な物質が体の内側に進入してくるのを防ぐバリアの働きをしているものです。

セラミドが著しく減少すると大事な角質層がはがれ、皮膚から水分が逃げてしまい、乾燥肌になってしまいます。

セラミドは年齢を重ねるにつれ減少します。そこで乾燥肌を防ぐ為にも補ってやる必要があるわけですが、その方法をいくつか挙げてみましょう。

セラミドを外から補うものとしては、セラミド入りの化粧水やゲル状クリームなどがあります。内からだとサプリメントも多く販売されています。

しかしこれらはあくまで補助的なものとして考え、普段の食事から摂取することを心がけたいものです。

セラミドを含む食材としては、大豆、米、小麦、ほうれんそう、キビなどがありますが、特に多く含まれているものがこんにゃくです。セラミドの1日の必要摂取量は600マイクログラムと言われていますが、生芋こんにゃく100グラム程度食べると必要量をまかなえてしまうのです。

こんにゃくはカロリーもゼロなので、乾燥肌対策にはもちろんダイエット中でも安心して食べることができます。こんにゃくは煮物やおでん、こんにゃくステーキなどバラエティーにとんだ調理ができます。

ただし、生芋こんにゃくに限りますので注意しましょう。
posted by kanchan at 00:36 | 原因と対策

乾燥肌とコラーゲン

乾燥肌はさまざまな成分の不足が原因で起こります。その中でもコラーゲンやヒアルロン酸は特に重要な成分ですが、コラーゲンについてに基礎知識を知っておきましょう。

コラーゲン
は、皮膚、筋肉、骨、目、髪、爪、血管、歯など体内の至るところに含まれているタンパク質の1種です。肌に関してみてみると、肌の内側には「真皮」と呼ばれる部分がありますが、この真皮の70%がコラーゲンでできています。

コラーゲンを保つ為にはビタミンCが必要不可欠です。肌荒れ対策にはビタミンCとよく言われますが、それはコラーゲンの安定を保つ為なのです。コラーゲンの不足は乾燥肌はもちろんのこと、しみやシワ、関節痛の原因にもなります。

コラーゲン
が豊富に含まれる食材としてはフカヒレが有名です。そのほかでは、豚足や牛筋、魚の頭の部分などに多く含まれています。コラーゲンの摂り方としては、水に溶けやすい性質を持っているのでスープなどに調理されたものが多くなります。例えばフカヒレスープやラーメンのスープなどですね。

コラーゲンはサプリメントとしても多く売られています。最近多いのはドリンクになったものです。普段の食生活ではなかなかコラーゲンの補給は難しいもの。そんなときにはサプリメントで補給して乾燥肌対策をしましょう。
posted by kanchan at 12:08 | 必要成分