乾燥肌による湿疹対策

乾燥は肌にとって大敵です。乾燥肌による湿疹について見てみましょう。湿疹は食べ物やストレスによるものが多いですが、秋から冬の時期は乾燥肌が原因で湿疹ができることも多いのです。

では、なぜ乾燥すると湿疹ができるのか簡単に知っておきましょう。

皮膚の表面には、皮脂と汗などが適度に交じりあって出来た皮脂膜という膜があるのですが、皮脂膜には皮膚に大切な水分が蒸発しないように水分保持するのを助け、しっとりとした肌を作る役割があります。それによって内部での細胞分裂を活発にする手助けをするのです。

冬は、空気が乾燥するので肌も乾燥しやすくなっています。特に水仕事をした後やお風呂に入って体が温まった後は、皮膚からあっという間に水分が蒸発してしまうのです。そして、乾燥した皮膚の表面では保護してくれる膜が壊れて内側に刺激物質が入りやすくなります。

刺激物質になるものはさまざまです。たとえば、痒くなって掻いてしまう刺激、ハウスダスト、化繊などによる静電気、衣類に残る残留洗剤などがあります。その他身近なあらゆるものが刺激の原因になり、その刺激物が壊れた表面の膜の隙間から肌の内部に入り込みます。そしてそれが原因で湿疹が起きるのです。

こうならないためには、神経質なくらいに肌の保湿ケアをする必要があります。肌の水分を保つことを徹底することによって乾燥肌による湿疹を防ぐことが可能になります。
posted by kanchan at 14:23 | 原因と対策