乾燥肌対策にはまず食べ物

乾燥肌を改善するためには、カサカサした肌に潤い成分を与えて保護することは大切なことですが、そのほか日々の食事内容もとても重要なのです。

必要な栄養を摂って体が健康でないと、当然肌への影響もあるのです。例えば肌のターンオーバーの滞りや、血液循環の悪化で肌への栄養が十分に届かなかったりするのでストレスで肌に悪影響が出たりします。

乾燥肌対策としてビタミンCの摂取が有効であることは知られていますが、ビタミンCが豊富なものにみかんや柿あります。これらは特に乾燥の気になる冬場の果物ですし、風邪対策にもなるのでおすすめです。野菜では水菜もビタミンCが豊富です。鍋の季節には是非使いたい食材です。

そのほか特におすすめはローズヒップです。ローズヒップはバラ科の植物の実で、ビタミンCがとても豊富で「ビタミンCの爆弾」という名前がついているほどです。

しかも、熱を加えると壊れてしまうビタミンCですが、ローズヒップの持つビタミンCは壊れにくいので体内に効率よく摂取できます。

また、ローズヒップにはリノール酸、リノレン酸の成分からなる油が含まれていますが、これらは乾燥肌を防いだり皮膚を健康な状態に保つ働きを持っているのです。

ローズヒップは乾燥した状態で販売されていますが、ファインカットという細かい顆粒になっているものがおすすめです。

食べ方は、ローズヒップティにして飲むのが手軽ですが、お茶にした後の残った実も食べることができます。そのほかにもカレーに入れたり、いろいろなお料理にも使ってみましょう。

乾燥肌対策にローズヒップ、是非取り入れてみてください。
posted by kanchan at 10:53 | 原因と対策