セラミド不足に生芋こんにゃく

乾燥肌やアトピーの人に必要な成分に「セラミド」があります。セラミドとは、皮膚の細胞と細胞の間にある脂質の主成分の事で、細菌やウイルス、化学物質など様々な物質が体の内側に進入してくるのを防ぐバリアの働きをしているものです。

セラミドが著しく減少すると大事な角質層がはがれ、皮膚から水分が逃げてしまい、乾燥肌になってしまいます。

セラミドは年齢を重ねるにつれ減少します。そこで乾燥肌を防ぐ為にも補ってやる必要があるわけですが、その方法をいくつか挙げてみましょう。

セラミドを外から補うものとしては、セラミド入りの化粧水やゲル状クリームなどがあります。内からだとサプリメントも多く販売されています。

しかしこれらはあくまで補助的なものとして考え、普段の食事から摂取することを心がけたいものです。

セラミドを含む食材としては、大豆、米、小麦、ほうれんそう、キビなどがありますが、特に多く含まれているものがこんにゃくです。セラミドの1日の必要摂取量は600マイクログラムと言われていますが、生芋こんにゃく100グラム程度食べると必要量をまかなえてしまうのです。

こんにゃくはカロリーもゼロなので、乾燥肌対策にはもちろんダイエット中でも安心して食べることができます。こんにゃくは煮物やおでん、こんにゃくステーキなどバラエティーにとんだ調理ができます。

ただし、生芋こんにゃくに限りますので注意しましょう。
posted by kanchan at 00:36 | 原因と対策