赤ちゃんの乾燥肌対策

産まれて間もない赤ちゃんのお肌は、キメが細かくてとても綺麗と思っていたんですが、3ヶ月過ぎた頃から皮脂が少なくなり乾燥肌に大変身。

突然の肌トラブルに新米お母さん達はオタオタしちゃうことが多いようです。

私の場合は第一子が乾燥肌どころか、産まれて一ヶ月しないうちから酷いアトピーだったので、オタオタ所か悩みまくってしまいました。

赤ちゃんの薄い皮膚が最も外界からの刺激を受けやすくなっている秋から冬にかけては、乾燥肌対策をしっかりとってあげましょう。冬は空気が冷たくて乾燥し、室内に入れば暖かい暖房と乾燥による洋服の静電気と、刺激がいっぱいなんですね。

冬場の対策としては、お風呂に入って体を洗うときには柔らかなタオルで軽く汚れを浮き出させるような感じで洗います。手で洗ってあげるのもいいですよ。お風呂から上がった時はやわらかいタオルで、ゴシゴシこすらずポンポンと水分を吸い取るようにします。その後すぐに水分補給、保護をしてあげます。

時間がたつとせっかく与えた水分が蒸発していってしまいますので、保護の意味での保護クリームやオイルを塗ったほうが良いです。

馬油は人間の皮脂に近い成分で出来ていて、殺菌作用もあるのでとても良いらしいですよ。
添加物がなるべく入っていないもので、赤ちゃんの肌にあうものかどうかをしっかり観察して選んであげましょう。

それと、赤ちゃんの着用する衣類は静電気が起きにくい綿を選んだほうがいいですね。お母さんもウールなどの刺激になる洋服じゃなくて綿を選びたいものです。

更に良いのは、化学物質での処理がされていないオーガニックコットンのような、ふんわり空気を含む繊維で出来ている生地の洋服だったら最高ですね。

襟元のタグは刺激になる事が多いので切ってあげましょう。
posted by kanchan at 17:30 | 赤ちゃん