乾燥肌の人の洗顔

朝、顔を洗うと突っ張り感を感じることはありませんか。特に年齢を重ねると感じやすくなります。乾燥肌になっているんですね。

朝の洗顔は目を覚ます為にする人も多いでしょう。実際気持ちよく、スッキリします。でも、朝の洗顔で大事なのは、寝ている間に分泌された皮脂などの油分、ホコリを綺麗に落とすことです。なので、洗顔料などは使わず水でそっと洗うだけで十分なのです。

多くの洗顔料は肌を構成している脂質まで取り込んで洗ってしまいます。そのため、肌のターンオーバーに狂いが生じるのです。

古い角質は自然に剥がれ落ちますが、これを洗顔料で無理に洗うと、まだ未熟な状態の角質層が表に出てきます。肌の表面がまだ未熟な状態でむき出しになってしまうわけで、乾燥肌の進行がより進みやすい状態になるわけです。

それでは、夜の洗顔はどうでしょう。昼間は女性の場合お化粧をしています。また一日の汚れもつきます。したがって、夜の洗顔はこれらをしっかり落とすためにも洗顔料を使ったほうが良いですね。

洗顔料を使った洗顔の基本は、洗顔料をしっかり泡立てること、肌をゴシゴシこすらないこと、そしてできるだけ短時間で洗顔を終らせることなどです。

もちろん、洗顔後のスキンケアもしっかりしておきましょう。洗い終わった直後から肌の乾燥は始まります。保湿や保護は必ずすぐにしておくことが必要です。

肌のお手入れの基本は正しい洗顔です。特に乾燥肌の方には大事なことといえますね。
posted by kanchan at 11:43 | スキンケア

乾燥肌のスキンケアにヒアルロン酸

今は様々な乾燥肌用のスキンケア商品がでていて、本当に何が良いのか迷ってしまいます。

我が家は超乾燥肌の人間ばかりですので、スキンケア商品については石油系の合成化学物質が極力入っていないもので、間違って口に入ってしまっても無害なものと決めています。

そうは言っても、安全と言われる純石けんをつかって肌の洗浄をする事は、我が家には合わない方法なので、石油系ではない合成化学物質入りのものを使用しています。

洗い終わった肌と言うのは、すぐに水分が蒸発していきます。何もしないでいると、砂漠のように奥の奥までカラッカラに乾いてしまいます。

なので、カラッカラにならないうちに水分を補給して表面を覆ってあげるようにします。ほうっておくとひび割れなんかが起きてしまい、スキンケアするのにとてつもない時間と労力がかかってしまいます。

肌に水分を保つ保湿成分として良く知られているものの一つに「ヒアルロン酸」があります。ヒアルロン酸は、たったの1グラムで6リットルもの水分を保湿してくれるものです。乾燥肌には何とも強い見方の成分だといえます。

それからお肌への水分補給にとても塗りやすいのが「ゲル」状の保湿クリームですね。このゲル状保湿クリームにヒアルロン酸が入っていると乾燥肌は大喜びします。

夫のかかとは子どもの頃から遺伝でパックリと割れていました。冬は一センチ以上も深くわれ、いつも血がにじんでいたんです。ところが、なんとヒアルロン酸入りのゲル状保湿クリームを塗る事でつるつるかかとが出現!

「お医者さんでもらった薬も効いたためしがなかったのに」と、とても驚いていました。
posted by kanchan at 18:20 | スキンケア